脂肪肝の治し方は実は簡単?!3つの改善方法やリスク情報をお届け!

脂肪肝の治し方は実は簡単?!3つの改善方法やリスク情報をお届け!

中高年になって気になってくるのが、脂肪肝です。脂肪や糖分の多い食品を過剰に摂取していると、肝臓に脂肪がたまってしまって健康を害する恐れがあります。ここでは、脂肪肝の特徴やリスク、症状や原因、危険度チェック、対策などについて紹介します。

 

脂肪肝って何?

まずは、脂肪肝の特徴について見ていきましょう。

 

脂肪肝とは

脂肪肝は、日本人の4人に1人といわれるほどポピュラーな体の状態です。本来であれば脂肪を分解する役目を果たす肝臓に脂肪がたまってしまい、人間フォアグラのようになってしまっているのです。様々な生活習慣病に発展する恐れがあり、特に脂肪肝から肝硬変や肝臓がんに進行するリスクも高いといわれています。

 

脂肪肝は、従来はお酒を飲む人に多いといわれてきました。しかし近年では、若い女性にも急増しており、現代流の食生活にも注意がうながされています。大人でも子供でも脂肪肝になるリスクはあり、肥満はもちろん、過激なダイエットにも要注意です。

 

どれくらいの年齢層・どちらの性別に多い?

脂肪肝は、もともとは中高年男性に多い病気とされてきました。しかし近年では、若い女性に急増しているともいわれます。理由は、過激なダイエットにもあるようです。栄養にかたよりのある食事、お菓子の食べ過ぎ、女性が積極的にアルコールを摂取するようになったことなど、脂肪肝になる要素は日常にひそんでいます。

 

脂肪肝になるとどんなリスクがある?

脂肪肝は、様々な生活習慣病や肝臓病を引き起こす恐れがあります。特に肝臓がんや肝硬変などに至るリスクもあり、要注意です。本来であれば回復力の強い肝臓の細胞が硬化して、肝臓機能が著しく低下するのが肝硬変です。治療薬がほとんどなく、回復の難しい病気だとされています。合併症を起こしやすいのも、危険な病気です。

 

脂肪肝から肝炎に進行するリスクもあり、注意しておきたいところです。肝炎はウイルス性がほとんどですが、肝臓に炎症が起こって肝障害を起こすタイプもあります。発熱や黄疸、全身の倦怠感などの症状が出るのが特徴です。

 

脂肪肝ってどんな症状なの?

脂肪肝にはどのような症状があるのか、見ていきましょう。

 

脂肪肝は気づかない間に進む!

肝臓は沈黙の臓器といわれるように、脂肪肝になっても本人には自覚症状がないままに進行していきます。健康診断などで注意できればよいものの、放っておくとどんどん進行して、他の肝臓障害へと発展してしまうリスクがあります。

 

脂肪肝から肝炎、肝硬変になるとどんな症状が出る?

脂肪肝から、肝炎や肝硬変になるリスクも少なくありません。肝炎の場合はウイルス性が80%を占めるといいますが、脂肪肝から発展する肝炎もあります。発熱や黄疸、全身の倦怠感などが顕著な症状ですが、これらを単なる疲れと見過ごしてしまうことも少なくありません。

 

肝硬変は、肝臓の細胞が硬化してしまう症状です。肝機能が弱ってきますが、こちらも初期の頃には自覚症状として気づきにくいのがネックです。合併症を引き起こしやすい病気でもあり、合併症を起こしてから肝硬変に気づくこともあるでしょう。

 

脂肪肝になる原因って何?

脂肪肝になる原因は、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足の他、無理なダイエットなどもあげられます。特に、お酒を飲まない人の脂肪肝はリスクが高く、放置しておくと肝硬変や肝臓がんに移行しやすいといわれています。また、肥満が脂肪肝につながるというイメージがあることから、無理なダイエットは見過ごされがちです。低栄養性の脂肪肝もあることを認識しておきましょう。

 

基本的に、脂質を摂取すると肝臓で分解されて中性脂肪に変わります。活動によってすぐに中性脂肪が使われればよいのですが、そのまま肝臓に脂肪がためこまれるとやがては脂肪肝になってしまうのです。肥満体質になってくると、さらに肝臓での脂肪酸の燃焼率が悪くなってきます。そのため、中性脂肪がたまりやすくなって脂肪肝を起こしやすくなります。

 

暴飲暴食

アルコールを飲むと、肝臓で分解されるときに中性脂肪が合成されやすくなります。そのまま脂肪が消費されなければ、中性脂肪として肝臓に蓄えられたまま、脂肪肝になっていきます。

 

糖質の摂りすぎ

食事はそれほど食べていないのに、スイーツが大好きという人もいます。もちろん、パンやごはん、麺類などをよく食べるという人も、糖質の取りすぎになっていないか要注意です。また、油断しやすいのが果糖です。フルーツに含まれる糖分は吸収されやすく、糖質も高いため、健康にいいと解釈してフルーツを食べ過ぎるのにも気をつけたほうがよいでしょう。

 

運動不足

食べたり飲んだりしたものは、運動によって消費されます。基礎代謝でも消費されるエネルギーはありますが、それだけでは食べたものすべてを燃焼することはできません。それほど食べていないという人でも、運動不足によって脂肪肝になることがあります。

 

脂肪肝にはどんな種類がある?

脂肪肝には、種類があります。それぞれの特徴や原因などを見ていきましょう。

 

アルコール性脂肪肝

アルコールの飲み過ぎを原因とする、脂肪肝です。アルコールを飲むと肝臓で中性脂肪が合成されるため、そのままでは脂肪肝一直線です。肝硬変などに発展する恐れもあり、要注意です。

 

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)

アルコール性の脂肪肝よりも要注意といわれているのが、こちらです。食べ過ぎが原因の脂肪肝ですが、NAFLDは中でも軽症のタイプ。自覚症状が薄いものの、早期に気づいて改善することが大切です。NAFLDからNASHへと移行することもあります。

 

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

非アルコール性の脂肪肝の中でも重症のタイプで、放っておくと肝硬変や肝臓がんへと移行しやすいのがネックです。早期発見、早期治療が重要です。

ダイエット脂肪肝

過激なダイエットをすることで起こりやすい脂肪肝で、タンパク質が不足することから筋肉のタンパク質を糖質にしてしまうため起こるといいます。野菜やフルーツ、スムージーしかとらないなどの極端なダイエットには、注意しましょう。

 

あなたは大丈夫?脂肪肝の危険度チェック!

脂肪肝になるリスクのある生活習慣について、チェックしてみましょう。

 

食べ過ぎ

脂質や糖質の多い食品を食べ過ぎていないか、栄養バランスが乱れていないか振り返ってみてください。

 

飲み過ぎ

アルコールの飲み過ぎ、甘い飲み物のとりすぎをしていないでしょうか。

 

運動不足

日常的に、運動する習慣がない場合は脂肪肝になりやすい傾向があります。

 

過激なダイエット

タンパク質を摂取しないダイエットをしていないか、振り返ってみましょう。

 

どれか一つでも当てはまる場合は、脂肪肝になるリスクがあります。2つ以上あてはまるようでしたら、かなり注意が必要です。自覚症状がないだけですでに病状が進んでいる恐れもありますから、心当たりがある場合は生活改善をしていきましょう。

 

脂肪肝の予防・改善方法は?

脂肪肝は、食べ過ぎや飲み過ぎ、肥満、無理なダイエット、運動不足などが主な原因です。これらの原因を解消することで、脂肪肝を予防・改善することが可能です。肝硬変などに進行してしまうと取り返しがつかない場合もあるため、脂肪肝の予防や改善に努めましょう。ここでは、脂肪肝の予防・改善策について紹介します。

 

食事を改善|低カロリー・低脂肪食にする

脂質や糖質の多すぎる食事は、どうしてもエネルギーを消費しきれず肝臓に負担をかけたり、肝臓に脂肪をためこんでしまいます。食物繊維を多めにとったり、食事を腹八分目にする、脂質や糖質は控えめにするなどの食事改善が脂肪肝対策となります。ただし、まったく炭水化物をとらないなどは逆効果になる恐れがあります。タンパク質の摂取も重視して、良質な脂肪酸や適度な糖質の摂取を心がけましょう。

 

アルコールを飲み過ぎないようにする

アルコールの分解には、肝臓で中性脂肪が合成されます。そのため、必然的に肝臓に脂肪が増えてしまうことになります。飲み過ぎはもちろん、なるべくアルコールを控えたほうが脂肪肝の予防に効果的です。

 

適度な運動をこころがける

ウォーキングなどの適度な運動が、脂肪肝の予防や改善に効果を発揮します。簡単な運動でよいので、日常的に活発に行動することが余計な脂肪を解消することにつながります。

 

知らないと怖い!脂肪肝を改善するよい食べ物は?食事レシピも紹介

 

+αでさらに脂肪肝を改善・予防!脂肪肝サプリのメリットは?

脂肪肝の予防や改善を日常生活でおこなうのは大前提ですが、なかなか完璧にはいかないものです。そこでおすすめしたいのが、脂肪肝サプリの利用です。食事や運動などの注意と同時に、脂肪肝サプリをプラスすることでさらに対策力がアップするでしょう。脂肪肝サプリのメリットについて紹介します。

 

飲むだけなので毎日続けやすい

脂肪肝は、毎日飲むだけで不足しがちな栄養をサポートしたり、脂肪肝対策によい成分を摂取できます。毎日続けたほうが効果的なので、続けやすい値段であること、値段に見合った効果に期待できることが条件です。また、安全性の高さにも気をつけ、返金保証があることでお試しできるのもポイント。脂肪肝に効果的な成分の配合量も、チェックしておきましょう。

 

簡単に脂肪肝に良い栄養を補給できる

脂肪肝サプリは、簡単に脂肪肝に効果的な栄養成分を摂取できるのもメリットです。たとえば、しじみにも含まれているようなオルニチンや亜鉛などは代表的な成分です。アスタキサンチンのような、抗酸化力が高い成分もおすすめです。肝臓をサポートしてくれる力の高いオルニチンや亜鉛は、脂肪肝サプリとは欠かせないといってもよいでしょう。

 

【比較】オルニチンとセサミンはどっちが肝臓に効果あり?口コミを紹介
マル秘|脂肪肝にタウリンが効果あり?!摂取量や肝臓に良い食品を紹介

 

脂肪肝に効果のあるサプリおすすめ3選

それでは、脂肪肝に効果的なおすすめサプリを3選、紹介します。

 

オルニパワー

いくつになっても毎日イキイキと元気に過ごすために、オルニチンのパワーを借りて健康を回復していけるのがオルニパワーです。しじみで有名なオルニチンをはじめ、亜鉛やアスタキサンチンがたっぷり配合されているのがオルニパワーの人気の秘密。オルニチンには、宍道湖産のしじみのエキスが使われています。薬剤師が、独自にブレンドしている点も特徴です。

 

配合成分:オルニチン800mg、亜鉛12mg、アスタキサンチン1.8mg
1日の摂取目安量:4粒
価格:1日あたり16円相当
返金保証:100日間
定期コースの解約:オルニパワーの定期コースは、いつでも解約可能です。回数しばりはなく、解約したいときは次回お届け予定日の10日前までに連絡すればOKです。
プレゼント特典:100日間返金保証

 

口コミ:
お酒が好きなので、二日酔いのときにはしじみエキスのサプリを飲んでいました。それよりも、もっと栄養がプラスされているオルニパワーのほうが、体が楽です。

 

オルニパワーを飲み始めて、健康診断での数値を早く調べたくなりました。一度は数値がよくなった実績があるので、次も期待しています。

 

レバリズム-L

レバリズム-Lは、静岡県産のしじみエキス、岡山県産の牡蠣エキス、千葉県産のスクワレンにこだわった肝臓が気になる人のためのサプリメントです。アミノ酸たっぷりのしじみエキスには、特にオルニチンが多く含まれ、肝臓の解毒作用を助けてくれます。有害ミネラルの排出を助けてくれる、牡蠣の力も頼り。肝臓に酸素を運んでくれるスクワレンやシスチン、ビタミンB類も肝臓のために役立つ成分配合です。

 

配合成分:L-シスチン80mg、しじみエキス末10mg、牡蠣エキス末10mg、スクワレン10mg
1日の摂取目安量:3粒
価格:1日あたり100円相当
返金保証:なし
定期コースの解約:レバリズム-Lの定期コースは、回数しばりがありません。2回目からでも解約可能ですから、解約したいときは次回発送の10日前までに電話連絡してください。
プレゼント特典:送料無料

 

口コミ:
今まで飲んだ肝臓によい成分配合のサプリメントの中で、一番いい感じです。他の肝臓系サプリにはない成分も入っていて、頼りになります。

 

食生活が不規則になりがちで、なかなか運動もできないので、レバリズム-Lに助けられています。少し飲むのをやめたときに違いを感じたので、もう休まないで飲み続けています。

 

肝パワーEプラス

肝パワーEプラスは、広島産牡蠣、長野産ジャンボにんにく、紀州産南高梅と産地にこだわった原材料が使われているサプリメントです。満足度も高く、20年以上前から愛用している人もいる信頼のおける商品です。モンドセレクション金賞を受賞している成果もあり、純度の高い成分を使った肝臓サポートサプリを探していた方におすすめします。

 

配合成分:牡蠣エキス末、梅エキス末、無臭にんにく末、サメヒレ軟骨エキス末
1日の摂取目安量:3粒
価格:1日あたり270円相当
返金保証:30日間
定期コースの解約:肝パワーEプラスの定期コースには、特に回数しばりが設定されていません。解約したいときには、次回お届け予定日の10日前までに連絡してください。
プレゼント特典:送料無料

 

口コミ:
健康診断で中性脂肪が多めと注意されてから、肝パワーEプラスを飲むようになりました。個包装になっているので、外出先にも持ち歩きやすくて便利です。

 

ついつい食べ過ぎてしまうほうですが、肝パワーEプラスを飲んでいるともたれにくいような気がします。肝臓の病気はこわいので、予防のために飲み続けたいです。

 

まとめ

自覚症状に気づきにくい脂肪肝は、日常生活での注意が重要です。ただ、日常生活に気を付けるのが難しいという方は、脂肪肝サプリで生活をサポートするのもよいでしょう。気になることがあれば、早めに病院で検査を受けて予防・改善に努めてくださいね。