マル秘|脂肪肝にタウリンが効果あり?!摂取量や肝臓に良い食品を紹介

マル秘|脂肪肝にタウリンが効果あり?!摂取量や肝臓に良い食品を紹介

タウリンといえば、栄養ドリンクによく含まれていることが知られています。実は、タウリンは肝臓によいことでも知られる栄養成分です。ここでは、タウリンの効果や特徴などについて紹介しましょう。

 

肝臓にタウリンは効果あり?

まずは、肝臓へのタウリンの効果について見ていきましょう。

 

タウリンとは

タウリンは、体重の0.1%ほども存在しているアミノ酸の一種です。全身の様々な部分に存在しており、体を健康に保つために欠かせません。タウリンは、通常のアミノ酸とは異なり、他のアミノ酸と結合せずに遊離した状態で存在しています。

 

タウリンは肝臓にどう効果があるの?

タウリンは、肝機能を正常に保つためにも欠かせません。どのように、タウリンが肝臓に働きかけるのか、見ていきましょう。

 

〜胆汁酸の分泌を促し、肝臓の負担を軽減〜
タウリンは、胆汁を生成して脂肪の分解に役立っています。肝臓の修復にも役立つため、肝機能が低下しているときにはタウリンを積極的に摂取すると効果的なのです。たとえば、疲れているときなど、タウリンを摂取することで疲労の回復が早まります。

 

〜アルコールの分解をサポート〜
タウリンには、アルコールの分解をサポートしてくれる力もあります。肝臓はアルコールを分解して解毒する臓器ですが、機能が低下していると上手くアルコールを分解できなくなります。タウリンは、これをサポートしてくれる力があります。

 

〜肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進〜
肝臓には、中性脂肪がたまりやすいのが特徴です。アルコールを分解するときにも、中性脂肪が合成されるため、注意が必要です。タウリンは、肝臓にたまりがちな中性脂肪を排出するためにも役立ちます。

 

〜肝細胞の再生力を高める〜
タウリンは、肝細胞の再生力を高めるためにも役立ちます。肝細胞が傷つくと、硬化した肝臓が機能しなくなり、肝硬変などになる恐れがあります。これを防いでくれるのがタウリンの力です。

 

【肝機能回復】脂肪肝にタウリンは効果あり?

脂肪肝は、肝臓に中性脂肪がたまってしまう病気です。タウリンには肝臓にたまってしまった中性脂肪の排出をうながす作用があるため、脂肪肝の対策には大いに期待できます。しかも、肝臓の負担を軽減してくれるため、肝臓をサポートしながら力強いサポートに期待できます。

 

おすすめの摂取量は?

タウリンの1日の摂取目安量は、1,000mgとも3,000mgともいわれています。特に決まりはありませんが、アルコールをよく摂取する人や偏食が多い人は、積極的にタウリンを補給するとよいでしょう。

 

副作用はない?

タウリンの成分を含んでいる食品の中には、コレステロールが多く含まれているものもあります。例えば、魚介類などが代表例です。せっかく肝臓に脂肪をためこまないようにするサポート力があるのに、コレステロールをためこんでしまっていては意味がありません。原料には、注意するようにしましょう。

 

肝機能改善|タウリンを含む食品って何?

タウリンを多く含む食品について、紹介します。

 

タウリンが含まれている食材

タウリンは、魚介類に多く含まれていることで知られています。例えば、牡蠣なら100gにつき70〜1,180mgほどのタウリンが含まれています。サザエで1,500mg、ホタテなら670〜1,000mg、アサリやイカなどもタウリンを多く含む食品の代表格です。

 

タウリンを摂取する際に心掛けたいことは?

タウリンを摂取するときには、水にとけやすく熱に弱いことに注意しましょう。水洗いするだけでも栄養成分がとけ出してしまいますが、とはいえ魚介類の衛生状態も心配です。しっかり水洗いしたら、煮汁も一緒に食べられるような調理法がおすすめです。

 

タウリンを摂取するだけではなく、日頃からバランスのよい栄養摂取を心がけることも大切です。肉類中心の食生活は避けて、魚介類も積極的に摂取し、偏食しないように気をつけましょう。

 

肝臓を健康的に保つためには、無理なダイエットをするのも厳禁です。極端なダイエットによってタンパク質が不足し、肝臓病になる人も少なくありません。食生活で栄養バランスがとれないという場合は、サプリメントで栄養補給するのも便利です。タウリンと一緒に、他のアミノ酸やビタミン類などを摂取し、タウリンの吸収率を高めることも大切です。

 

タウリン入りの栄養ドリンクは肝臓に効果あり?

栄養ドリンクに含まれていることでも有名なタウリンですが、タウリンが入った栄養ドリンクは肝臓に効果があるのでしょうか。タウリン入りの栄養ドリンクを飲むと、疲れがとれる感じがします。タウリンは疲労を改善する作用を持っていますから、肝臓によい影響を与えている可能性があります。

 

ただし、栄養ドリンクの多くが糖質や添加物を含んでいます。砂糖が入っていなくても体に負担をかける可能性のある人工甘味料を含んでいたりして、これがデメリットとなることもあります。かえって肝臓に負担をかけてしまうこともあるため、飲み過ぎには注意です。

 

脂肪肝以外にタウリンはどんな効果がある?

脂肪肝対策に効果的なタウリンですが、実は他にも期待できる健康効果を持っています。

 

高血圧を改善する

タウリンには、交感神経の緊張を緩和して血圧を低下させる作用があります。タウリンがノルアドレナリンの分泌を抑えるため、結果として血管が収縮するのです。胆汁の分泌をうながして肝機能を高め、コレステロール値を下げて血液サラサラに導く効果にも期待できます。

 

まとめ

タウリンは、脂肪肝や高血圧を防ぐために積極的に摂取したいアミノ酸の一種です。食事では十分に摂取できないという場合は、サプリメントを活用してタウリンを補給してみてはいかがでしょうか。

 

脂肪肝の治し方は実は簡単?!3つの改善方法やリスク情報をお届け!